しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

主と共に一人立つ







主と共に一人立つ




 ダビデはペリシテびとに言った、「おまえはつるぎと、やりと、投げやりを持って、わたしに向かってくるが、わたしは万軍の主の名、すなわち、おまえがいどんだ、イスラエルの軍の神の名によって、おまえに立ち向かう。 <サムエル記上 17:45>  

カラヒー(一人立つ)というアメリカインディアンの言葉があります。山の名らしいですね。戦争中であれば、どこの部隊からも援護を受けることなく、自分たちの力だけででミッションを成し遂げるというように、他からの力を借りず、自分自身の手で勝利を勝ち取るということでしょうか。

 かつてサウル王の時代、ダビデはゴリアテという身の丈3メートルもあろうかという大男の前に一人で立ちました。しかもこのゴリアテという男は若い頃から訓練を受けたというものすごいペリシテのベテラン軍人であったわけです。

 ダビデがゴリアテの前に立った時の様子を想像するとき、本当にダビデは怖くなかったのだろうかと思ってしまいます。物語であれば、当然ありうることなので疑う余地もないことですが、このことを通して主が語りかけてくださっていると思うと、他人事ではなく、わたしにとっては物語りでもありません。

 この時ダビデには強い味方がついていました。ダビデは一人でしたが、孤独ではありませんでした。主の霊がダビデの内に留まり続けていたからです。ダビデが一人立つ時、そこに神の霊がダビデの内に共にいたわけです。

 わたしたちが、震え上がるほどの恐怖、絶対に避けて通りたいとさえ思う大きな問題、悩み、他人には代わってもらうことの出来ない身に負う病等々、この時私たちは、問題とともに戦わないとならない孤独感というものがあります。

 ここに的確に石を投げつけて倒してくださる主の霊が、一人立つ時のわたしの味方です。

 
 サムエルは油の角をとって、その兄弟たちの中で、彼に油をそそいだ。この日からのち、主の霊は、はげしくダビデの上に臨んだ。<サムエル記上 16:13>



 油注がれたこの日を境にダビデには主の霊がはげしく臨んでいたわけです。主の御名にかけて、勝利せねばならぬ、神の戦いであったのです。私たちにとっても同様です、ゴリアテの前に一人で立ちましょう。主と共に一人で立つのです。


 あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる」。<ゼパニヤ書 3 :17>





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/256-ca124719