しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝福の秘密








祝福の秘密



 わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。<創世記12:2>
 【そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる(新改訳)】



 全ての民族の祝福の基となるアブラムへの召命の箇所です。

 ノアの子セムの子孫として、アブラム(後にアブラハム)の父テラの系図に引き継がれ、ここからアブラハムの歴史が始まります。マタイによる福音書1章1節からの系図はこのアブラハムから始まります。そしてこの系図はイエス・キリストのものです。

 イエスという名は、ヘブル語の「イェシュア」(ヨシュア)からギリシャ語で「主は救い」という意味です。キリストとは「油注がれたもの」の意から、ヘブル語「メシヤ」に相当する「救い主」と言う意味です。

 イエス・キリストの系図は救いに至る祝福の系図とも言っていいでしょう。そのもとになる神様からの祝福の約束をいただいたのがアブラハムです。

 新改訳を見てわたしは嬉しくなりました。「あなたの名は祝福となる」とあるからです。最近はノアの箱舟以来サタンのこと666のことなど、あまり触れたく無いことかもしれないが、知っておかねばならないこととして反キリスト、偽キリストのことを今の世界情勢などから世の終わりが近いと危機感をもってお話ししています。

 しかし、わたしはこの「あなたの名は祝福となる」というお言葉に触れて何だかホッとしました。昔の武将なら、戦がひと段落し、鎧を脱いでホッと一息、そんな感じです。

 「祝福」ということばは神様からいただく酸素のようです。私の周りを囲む大気のようです。フワフワとやわらかくやさしい感触であるのに、サタンに対しては鉄より強い何ものも通すことの出来ない頑丈なバリアでもあるのです。

 イエス様の名は「救い主」アブラハム(多くの国民の父の意)の名は祝福に満たされた「祝福」そのものでした。私たちはかつては異邦人でありましたが、今はキリストと共同の相続人として、アブラハムの名を受け継ぐものとされました。つまり私の名もキリスト・イエスにあって「祝福」とされるのです。


 もしキリストのものであるなら、あなたがたはアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのである。<ガラテヤ人への手紙3:29>


 大いなる祝福の秘密、それは「わたしはイエス・キリストのものです」という名をいただくということです。もし、キリストのものであるなら、あなたは新しく作られたものであり、もはや奴隷ではなく、アブラハムの子孫とされたということです。私たちの名もアブラハムのように「祝福」となるのです。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/281-044269f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。