しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの神、主を心に据えよ



007_convert_20140926210650.jpg
(ちいさなハーブたち)





あなたの神、主を心に据えよ



 主はヤコブに言われた、「あなたの先祖の国へ帰り、親族のもとに行きなさい。わたしはあなたと共にいるであろう」。<創世記31:3>


 ヤコブへの神の言葉は、「帰れ」という特別な言葉だ。

 アブラハムは信仰の父として、大いなる祝福を得た。イサクは父アブラハムの祝福と財産の全てをうけついだ。妻さえも父によって用意してもらったのだ。

 ヤコブはというと、父を騙し兄エサウから長子の特権をとりあげながらも、祝福の継承者として神からも認められた約束の者となった。しかし、父イサクとは違い、妻を自分で見つけだし財産の全ても自分で築いていかねばならなかった。

 旅立ったヤコブは叔父ラバンの所に来て妻と子供を得ることが出来た。しかし、財産はと言うと、まだ何ももってはいなかった。ヤコブはまったくラバンの奴隷扱いであったのだ。

 いつか時がきて、出てきた地に帰るのだという約束(神の言葉)をいただいているにもかかわらず、ヤコブは愛する妻ラケルのために14年と言う長い年月働き続けたのである。

 ここからヤコブの応酬がはじまる。ラバンに「私と妻たちを故郷へ帰らせてください」と言えば、「望みの報酬を出すから、ここにいてくれ」という返事があることくらいはわかっていたであろうし、ヤコブは「提案する策」も考えていたであろう。

 ラバンも知っていたのだ。ヤコブの神によって彼の仕事は祝福され、自分の財産は増えていったのだということを。だからなんとしてもヤコブを失いたくないはずである。

 ヤコブの冴えた頭は、経験と知恵から凄いアイデアを生み出すのだ。今の時代であればどれほどの実績を積む優秀な企業人であることか、大きなビルがいくつも建ったであろう。

 6年をかけてヤコブは自分の財産を築き上げた。この人は大いに富み、多くの群れと、男女の奴隷、およびらくだ、ろばを持つようになった。:<創世記/30:43>とある。

 しかしこれは世で言う成功者の話ではない。神のご計画の中のほんの一端でしかないからだ。神は富ませようと思えば富ませる。反対に全てを取り去ることも出来るお方である。つまり全ては神の手にかかっているのだ。

 
 あなたの神、主を心に据えなさい。主があなたに富を築き上げる力を与えられるのは、あなたの先祖たちに誓った契約を今日のとおりに果たされるためであった。<申命記8:18>(新改訳>


 今の私たちには形だけでなく、眼には見えないが、見えるものよりも優れた大いなる財産が神の約束として与えられている。これこそ私たちの救い主イエス・キリストに他ならない。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/293-835648de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。