しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生が転換させられるとき



人生が転換させられるとき


 シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブとヨハネも、同様であった。すると、イエスがシモンに言われた、「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」。そこで彼らは舟を陸に引き上げ、いっさいを捨ててイエスに従った。<ルカ5:10~11>


 キリスト教会の礼拝に出席している人々は、どこかで、何かの形でイエス様に心を奪われた人たちに違いありません。

 そのパターンは、一人ひとり違うでしょうし、必ずしも素敵な動機があったわけではないかもしれません。しかし、確かにイエス様は、私たちを招いてくださったのです。

 今日のみ言葉にあるシモン(後のペテロ)という人は、漁師でありましたが、イエス様に出会い、その権威あるお言葉や、奇跡を見せられたうえ、こともあろうか自分が罪人であると気づかされてしまったのです。

 この時起こったことは、シモンにとってとても尋常ではない「びっくり」することだったでしょう。さすがの漁師としてのプロもどうにもならないような「収益はゼロ」という働きの結果でしたが、彼らがイエス様のお言葉に従うと、網が破れるほどの大漁となったのです。

 それどころか、船は仲間に助けてもらったにもかかわらず、沈み始める始末でした。

 シモンの驚くさまと心の騒ぐさまが伝わってくるようです。沈み始める船を見ると、恐れが生じます。イエス様に心を見透かされていることを感じたとき、自分が罪人であることに気付きます。

 イエス様が一人の魂を癒し解放するときには、最大の奇跡をみることになります。それはなんといっても私の心がイエス様の方向へと向き直ってしまう、大奇跡を見ることになるからです。

 これはまさにイエス様のお膳立てであり、ご計画にほかなりません。

 私たちの今までの経験、培った知識、いろいろな先人たちのアドバイスなど、何をもってしても、「ゼロ」の時がきます。主の御手が迫る時です。

 主の御手が働き始めると私たちは「ただイエス様に従う」こと以外の方法がありません。「ゼロ」が主の御手にかかると「大漁」になるのですね。まさに私の「非力」は「主によって働く大きな力」ということになります。

 奇跡を見せられた後の罪の悔い改めと恐れは、イエス様のお言葉によって魂は平安に満たされ、神を畏れるものへとつくり変えられていきます。

 シモン、ゼベダイの子ヤコブとヨハネは、このおびただしい魚や、網、船、つまり仕事道具と収益のすべてを捨てて、イエス様についていったのです。

 「今からあなたは人々を生け捕りにする人にされていきます。」(インターリニア参照)

 主が選び、そのご計画の中で私たちを訓練してくださり、主のために働けるものへとつくりなおしていってくださいます。
 人生の転換という奇跡の時をいただきイエス様について行きたいですね。ハレルヤ!


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/312-2bc5ca65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。