しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの救いのために来られた

CFkASBPUEAARbIJ.jpg



あなたの救いのために来られた


 イエスは彼に言われた、「きょう、救がこの家にきた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。<ルカ19:い9,10>


 あなたには、「私は救われています」という自覚があるでしょうか。「死んだときは必ず天国にいけます」という確信があるでしょうか。それとも、「そんなことは考えてみたこともない」人でしょうか。

 私の父は、この手の質問をよく投げかけてくる人でした。若いころの私は「はい」と即座に答えることが出来ず、つい言い訳をしてしまう者でした。「孝枝の信仰は頭でっかちだ。信仰は理屈ではないよ。」とよく言われたものです。

 「自覚があるかといえばよくわからないけれど、多分救われているはずです。」「実際死んでみないと、果たして即天国に行くのか、いえ決して地獄には行かないはずです。私は救われていて、必ず天国に行けます。そうです、確かにそうです。」

 そうは言ってみても、この世のもので天国行きを保証してくれる形あるものなど、なにもないのです。

 私たちは何を持ってこの「救いの確信」を得ることが出来るのでしょうか。


 あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、すなわち、あなたがたの救の福音を聞き、また、彼を信じた結果、約束された聖霊の証印をおされたのである。<エペソ1:13>


 ザアカイに言われたイエス様のお言葉は、ザアカイ自身、そしてその家のものに救いをもたらしてくださったのです。これこそ、「真理の言葉」すなわち今の私たちも聞くことが出来る「救いの福音」なのです。

 そして、信じた(信じたいと思った)時、聖霊様によって「イエス様は私の救い主」という告白と確かな証印を、魂の中に押されたのです。

 
 したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来るのである。<ローマ10:17>
 なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。<ローマ10:10>



 私たちの「救いの確信」というのは、実は、私に対して持ってくださっているキリスト・イエスご自身の「あなたを救った」という信仰そのものであり、それは聖霊様により私のうちに保証されている確かなものなのです。

 「私は救われている」と喜びと自信を持って日々告白していきましょう。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/330-7e663711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。