しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の知識を知る







神の知識を知る



 あなたは知っているか、雲のつりあいと、知識の全き者(完全な知識を持つ方【新共同訳】)のくすしきみわざを。 <ヨブ記37:16>


   神様は、まず天と地を創りましたが、その前はどうだったでしょうか。ヨハネはこう書いています。
   
   
   「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。<ヨハネ福音書1:1>   
   
 「言」とは何だと書かれているでしょうか。まず「神」、そして「全てを創られたもの」、「命」、「人の光」、「闇に勝つ光」とあります。そしてこの光は神のひとり子としての栄光、めぐみとまこととに満ちたイエス・キリストです。


 私たちには完全な「無」を理解することが出来ません。

 このお方がいた全ての初め、まだ何も無かった時にいたお方をも、私たちは想像すら出来ません。

 私たちの持っている知識は、とことん、創られたものの知識でしかありません。
 創造主のお心を、どうやって知ることが出来るでしょうか。

 それは、神様自身の持っておられる知識そのものでしか理解することができません。
 そのため神様は、様々な奇跡と、証を私たちに下さるのです。御手の業を見てようやくわたしたちは、創造の世界(神の知識)の一端を知ることができます。


 空を見るとき、雲の流れを見るとき、山や、川、海を見るとき、この世界が「サタンに支配されている」世界のようには見えません。

 しかし、世の中を見つめてみると、「黄金の冠をかぶった、経済という支配者が、政治、軍事力、宗教のすべてを支配してサタンの前にぬかずいている」という感じです。
 サタンの支配下にあるもろもろの権威は、恐ろしいほどの力をもって、私たちの前に進みよってくる、そのような時代が来ています。

 しかし、神様の救いの御業は完了しています。私たちは信じるだけです。

 創造のはじめから、今の時代の到来はすでにわかっていました。私たちが、この世に生まれ、必ず死んでいくのと同じように、世界の誕生も、消滅も、すべて決まっています。


 その只中に、神様は、どうして私を置かれたのでしょうか。

 神様の知識、御業が、一人の私(あなた)という人間の救いによって、新しい創造を生み出すことが出来るからです。

 神様の新しい創造(新エルサレム)のために、私たちは日々神様を賛美し、イエス・キリストの名によってサタン、悪霊どもに立ち向かい主のための戦いをヨシュアのごとく勝利し、ひるまず前進して行くことだと強く感じています。マラナタ! 




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/346-54e7f659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。