しおんのゆめ・・・わたしのまわりは神様からのプレゼントでいっぱい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「沈黙」に思う

HUJI2_convert_20170131105437.jpg



HUJI_1_convert_20170131105704.jpg



映画「沈黙」に思う  

 だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。<Ⅱコリント12:9,10>

 いよいよ「沈黙―サイレンス―」の上映が始まった。
 大分でも今日(1月23日)から3か所で上映されるようだ。
 「沈黙」は過去にも映画化されていたようだし、「ほかにも映画化された遠藤周作の作品も色々とある中で、外国人監督での作品は、どう描かれているのかと楽しみでもある」と言われている。 
 といっても、私は観ることができるかなあと思っている。というのは、キリシタン迫害の拷問の様を見るのは、とても恐ろしく、怖いし、悲しいからだ。まして自分に降りかかってきたらば…と考えると、夜も眠れぬくらい恐ろしい。それほど私は小心者である。

いったい誰が棄教した司祭を責められるだろうか、いったい誰が裏切り者を責められるであろうか。わたしたちは。彼らと等しく、イエスを裏切り、罪を犯し続けてきたものだ。しかし思う、私たちが理解できようとできまいと、神のご計画は成就していくのだ。そして私たちを愛してくださる神の愛は永遠なのだ。たとえ神の声がまったく聞こえないような時でさえも、それは変わらない。
 自分を裏切るものでさえ愛し、期待し、日ごと足を洗い続けてくださる主イエスのとりなしを、私たちは知っている。しかし肉に支配されている人間は違う。人間は自分の利害のためには、思いもよらぬ裏切りをするものだ。

 日本のキリシタンの素晴らしさは「殉教」において称賛されることが多いが、
だからと言って「転んだ」信者は、苦しまなかったかというと嘘である。彼らがどれほど苦しみ、隠れて信仰を魂の中に持ち続けていったかという真実は、誰にも知られることがなかったかもしれないし、見えるようなものでもなかったのであろう。これこそ隠れキリシタンである。
 この時代のキリシタンたちが、命を懸けて守り通した信仰、命を懸けて隠してきた信仰の歴史をこの日本に残してくださった神のご計画は素晴らしいものだと思う。彼らはイエスを信じる信仰のすさまじさを教えてくれる。それほど、この時代の人々は神の国と義に飢え渇き、求めたのだ。
 豊後の国では25パーセントの人々がキリシタンとなったという歴史を見ても、彼らの求めがすごかったとしか言いようがない。目覚めた彼らに対して、神は確かにそれに応えてくださったのだ。そして迫害の時を最も悲しんだのもイエスご自身であったろう。

 若い頃の私の父は、「寄り添うだけのイエスなんて…弱々しい」というくらい、じめじめしたことが嫌いで、武士のように潔く、苦しくても底に強さを感じさせるような日本人魂の持ち主が好みだったかと思う。苦しみをたたえた顔のイエス像は、嫌いというより真向から反対だったようだ。結構気性が激しかったのも確かであるが、晩年は自分を「凡聖」というくらい穏やかであった。

 「日本のクリスチャンよ、目覚めよ!」と、父がよく言っていたなあと思い出す。使徒行伝にある使徒はじめイエスの弟子たち、パウロの信仰、そして内村鑑三の信仰、釘宮徳太郎、釘宮太重、釘宮義人と世代を超えて強く迫り働き続けていくイエス・キリストの信仰を、父は今も変わらず私の魂に強く語りかけてくれている。パウロの言葉がわたしにも実現しているのだろう。

「そして最後に、いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、現れたのである。 <Ⅰコリント15:8>」

 色々なことを思い浮かべさせられる映画「沈黙」であるが、怖いと言いながらも、せっかくだから見たいとは思っている(個人的にはキチジローに扮する窪塚洋介に期待している…笑)。 

 私は今回初めて知ったのだが、皆さんこの「沈黙」というタイトル、遠藤周作は初め「日向の匂い」とつけていたというのをご存知であろうか。遠藤周作が表現したかったのかもしれないイエスの臨在が見えてくるのかと思うのだが・・・。
「ひなたのにおい」・・・!


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionnoyume.blog.fc2.com/tb.php/379-4618cdd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。